ショーメン

初演/2010年:東京 スパイラルホール
2012年:島根県大田市 <海神楽 version>
八戸市南郷アートプロジェクト参加 <島守神楽 version>
KAAT神奈川芸術劇場 KEFE9参加 <野外 version>


振付・演出 : 山田うん
出演ダンサー:10-15名


絵画、彫刻、舞台芸術、建物の外観や内側などから切り離すことのできない正面性。
その性質からどこまで解放されるだろうかーー
360度あらゆる角度からの観客目線に耐えうる自由な発想によるダンス作品。
オリジナルバージョンが2010年に初演された後、
作品は、2012年に ひまわり畑、公園、船、など劇場の外の空間に飛び出して、
また日本の伝統芸能儀式や音楽(神楽)とのコラボレーションなど、
カタチを変えて進化し続けています。
どこにでも出張して、空間によってフレキシブルに変化する作品です。